ベンガルの村のお祭り

2016.05.11 Wednesday | category:カンタ刺繍・インテリア

0
    先日、Viaje史上最上のカンタ布が北海道にお嫁に行きました。

    それはサリーでもストールでもない・・・それは「ヴィレッジ・フェア」という名のタペストリー

    今まで、本当に様々な布を手にしてきましたが、こんなにわくわく楽しい布には出会ったことがなかった!!

    長い時間、眺めてはクスクス笑ったり、へぇ〜と感心したり・・・ 見るたびに幸せに包まれました。

    刺繍スレッドの精緻さやテクニックの難易度を思う前に、心に届くような・・・

    想像の翼がバッサ〜〜っと広がって、ベンガルの小さな村にトリップできるような・・・そんなカンタ布!!

    ぜひ、ご覧ください!!

    ヴィレッジ・フェアです。
    vire1.jpg

    110cmX230cmの壮大なタペストリーです。

    写真に入りきらず、タテになってしまいました・・・

    このヴィレッジフェアは熟練のリーダを中心に5人の精鋭でチームが組まれ

    約8か月かけて制作されます。もちろんすべて女性です。

    また、このカンタ布はバングラデシュ産ではなく、インドのウエストベンガル、サンティニケタンの村で作られました。

    バングラデシュのタペストリーも悪くはない、テクニックは素晴らしい・・・でもデザインが固い感じがします。

    インド産はコミカル、自由、伸びやか、女性らしい・・・ ここはお好みですが個人的にはインドの方が好きです。

    詳細を見ていきましょう!!
    vire2.jpg

    約24種類の様々なお祭りの露店が表現されています。

    サリーなどのお衣裳の色はそれぞれ違い、人々の表情も何だかいろいろ^^

    vire3.jpg

    ボーダー部分も丁寧な作りです。

    vire4.jpg

    お祭りの乗り物もたくさん!! 手動ですっ〜〜〜

    テクニックも最近では使われなくなったテクニックが多く使われています。

    本当に上手な作り手さんたちは、サリーなどよりもこのような伝統的で難しい布に取り組んでいます。

    また木版での下書きが多い中、こういったデザインはほぼフリーハンドで下書きが描かれます。

    その為、同じものが作れない・・・こういった所も伝統的なカンタ布の面白さです。

    vire7.jpg

    ゴンドラのモチーフなど・・・昔の時代には無かったモチーフが描かれていますね。

    ある程度の制作年代の特定が出来ること。時代背景が表現されていることも、重要な要素です。

    この子の将来が俄然楽しみになってきますね^^

    vire9.jpg

    お人形のお店でしょうか?^^

    お母さんと娘さんの後ろ姿が印象的

    vire5.jpg

    ヘナのお店ですね^^ お嬢さんの耳飾りや首飾り・・・ おめかししている様子が伺えます。

    vire8.jpg

    仲の良さそうなカップルです^^

    このような様々なお店が描かれ、そこに集う人々や動物、植物などがびっしりと散りばめられています。

    インドにはカンタ刺繍を凌駕する、素晴らしい刺繍がたくさんあります。でもViajeはいつまでもカンタ刺繍が大好きです。

    まるで修行のように同じモチーフが繰り返される、軍隊のような刺繍も万華鏡を見ているようで美しい!!

    でもカンタやスジニは、作り手さんたちが楽しんで作っているのではないかと想像できる。

    私もその制作現場に行ってみたいって思える!!

    みんなで意見を出し合って、あんなお店も、こんなお店もあるよねぇ〜〜などと話し合っているような・・・

    この子がサンティニケタンから届いて、しげしげと眺めていた時、何だか作り手さんたちの笑い声が

    聞こえてきたような気がしたんです。あのインド女性独特の鈴のような笑い声!!

    そんな不思議な力を感じるのがカンタ刺繍なのではないかと思います。

    vira11.jpg

    このような、素晴らしいカンタ布はなかなか海外には出ません。

    ひっそりと作られ、インド国内の富裕層の間で取引されます。

    その為、私たちはなかなか目にすることが出来ない・・・

    しかし今回、こんな素晴らしい子を取り扱う機会を与えてくださったY.Mさまに

    心から感謝申し上げたいです。

    また布の表面を覆うクラフトの精緻さとは別の、布に込められる作り手の感情や想い・・・の大切さを学ばせていただいたと

    思っています。





    お問い合わせはこちらまで^^











































     

    オンラインショップオンラインショップ

    オンラインショップ viaje

    カンタ刺繍・カンタストールを中心に、インドより買い付けた素朴ながら息をのむような美しさの刺繍の布製品を取り扱っております。

    プロフィールプロフィール

    profilephoto

    Mina Kamiya
    Viaje のバイヤーを担当しています。
    好きな言葉「COTTON」「LINEN」「SILK」「KASHMIA」…
    そして「刺繍」…職人魂を感じる布に出会うことを夢見つづける布フェチ…
    今日もまだ見ぬファブリックを探してPCと格闘しています。

    カレンダーカレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    最新記事最新記事

    カテゴリーカテゴリー

    月別アーカイブ月別アーカイブ

    検索検索