黄金のムガシルク

2017.06.09 Friday | category:ショール&ストール

0

     

    本当に時間がかかってしまいました・・・

     

    制作にもご紹介にも・・・

     

    ムガシルクのマテリアルをフィリピンに送ったのは昨年の夏です。

     

    そこから約一年・・・長かったね・・・

     

    そしてお嫁に行くのは早かったね・・・ 

     

     

    インドはアッサム固有の黄金色のムガシルクのお色は、天然なだけに上品で内から滲み出るような光があります。 

     

    しかしムガシルクは野蚕です。日本の養蚕シルクやマルベリーシルクのような滑らかさや柔らかさではなく、通気性が良く

     

    シャリ感がありどこか素朴です。これはムガの特質でもあります。

     

    その為ピュアムガのマテリアルやサリーは高価で美しいけれど、物足りなさを感じるんです。

     

    そこで細部に至るまで徹底的に装飾を施す!!これこそがムガの価値を最大限に引き出すことではないかと考えるんです。

     

    でもね・・・インドの刺繍は足し算の刺繍です。ムガベースに総柄でやっちゃうと重くなるし、せっかくのムガカラーが

     

    見えなくなっちゃうしで・・・これまた台無しなんですよ・・・  

     

    ここでフィリピンです。フィリピンのカラドワーク炸裂のタール刺繍は凄まじいのに軽やか、まるでムガシルクの糸で編んだ

     

    黄金のレースのような仕上がりになるんです。これは本当に面白く興味深い刺繍です。

     

    ではこの子から^^

    DSC_0770.jpg

     

    手前味噌ながら惚れ惚れとします。

     

    前回の作品よりサイズが大きくなりました。

     

    またタール刺繍は糊付けが絶対なのですが、頼み込んで糊をかなり薄くしてもらいました。

     

    ボーダー・・・

    118858379_02.jpg

     

    ボーダーはスカロップという優美な刺繍で処理してもらっています。

     

    女性らしいことは正義!!どこまでも追求していきたいですね^^

     

    裏・・・

    118858379_03.jpg

     

    高度な刺繍技法ですのでほとんど裏表がないですね。

     

    透け感・・・

    DSC_0793.jpg

     

    透け感は・・・と言ってもレースのようなのでガンガン透けてます^^

     

    巻くと・・・

    DSC_0765.jpg

     

    巻くと言うより纏ってほしいです^^

     

    お着物にもピッタリなんですよ! 

     

    それにシルクですので真冬を除いて、ほとんどのシーズンをお使いいただけると思います。(これって重要じゃない?)

     

    DSC_0778.jpg

    サイズ78cmX201cm  <Sold Out>

    商品ページはこちらから〜

     

     

    この子達はとても美しく儚く、私の手をすり抜けていきます。

     

    私の手元には残りませんがブログできちんと一人一人ご紹介させて下さい^^

     

     

     

     

     

    お問い合わせはこちらまで^^

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    オンラインショップオンラインショップ

    オンラインショップ viaje

    カンタ刺繍・カンタストールを中心に、インドより買い付けた素朴ながら息をのむような美しさの刺繍の布製品を取り扱っております。

    プロフィールプロフィール

    profilephoto

    Mina Kamiya
    Viaje のバイヤーを担当しています。
    好きな言葉「COTTON」「LINEN」「SILK」「KASHMIA」…
    そして「刺繍」…職人魂を感じる布に出会うことを夢見つづける布フェチ…
    今日もまだ見ぬファブリックを探してPCと格闘しています。

    カレンダーカレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    最新記事最新記事

    カテゴリーカテゴリー

    月別アーカイブ月別アーカイブ

    コメントコメント

    検索検索