タール刺繍のコサシルクショール

2017.06.18 Sunday | category:ショール&ストール

0

     

    今日はコサシルクです。

     

    さてこのコサシルクというシルクはどんなでしょう?^^

     

    コサはタッサーシルクの一種です。

     

    しかしタッサーシルクの生産地といえばウエストベンガル、ビハール、アッサムなど主ですが

     

    コサは現在のチャッティスガル(昔はマディヤプラデーシュ)のチャンパという街で多く生産されています。

     

    生産者は昔からこの地域に住むデワンガンコミュニティと呼ばれているトライバルの人たちで

     

    彼らには彼らの間だけに伝わる特別な織りの技法を持っています。

     

    それが「ファラ」と「ジャーラ」です。この二つの技法を用いて織られたのが

     

    数あるタッサーの中でも最上級とされるコサシルクです。

     

    071.jpg

     

    何が最上級なのでしょ? 

     

    まず質感・・・これが他のタッサーに比べてさらに軽い、薄い、柔らかい^^

     

    また草木染めや木版、ペイント、刺繍などのおめかしとの相性がとても良いこと。

     

    加工がしやすい故にデザイナーさんなどから愛されているシルクのようで

     

    常に需要と供給のバランスがとれていないようなんです。(少量生産のレアシルクですもんね。)

     

    それからお蚕さんの種類もタッサーなんだけど他のタッサーとは少し違うようです。

     

    食べている葉っぱも定番のアルジュンだけではなくサジャやサルといった特別な葉っぱを

     

    食しているそうですよ^^

     

    成虫も真っ赤のそれはそれは美しいモスです!!

     

    今日はそんな素晴らしいコサシルクに総柄刺繍を施したタール刺繍コサショールです^^

     

    DSC_0565.jpg

     

    素晴らしいです〜〜〜

     

    こんなコサシルクですからお色はムガさんにはかなわないかもですが・・・ 質感ではムガよりもっと繊細です。

     

    ムガシルクが帝国の美女ならコサシルクはまるで妖精のように軽やかです。

     

    このサイズで若干の糊付きで総柄のオールオーバーで190グラム!?(ムガはもう少し重量感がありましたね^^)

     

    ボーダー・・・

    118859049_02.jpg

     

    いかがでしょうか?

     

    スレッドのお色をベースカラーとは違うお色にしたので、モチーフと全体を覆うカラドワークが

     

    はっきりと立体的に見えますね^^

     

    裏・・・

    118859049_03.jpg

     

    コサを手にしたとき、ムガ以上にタール刺繍との相性がいいのではないか感じました。

     

    なぜならピーニャの薄さや軽さがコサに似ているなぁ〜と^^

     

    透け感・・・

    DSC_0588.jpg

     

    本当に細い繊維ですね〜〜〜

     

    スレッドお色を変えるのもなかなか良くないですか?^^

     

    巻くと・・・

    DSC_0759.jpg

     

    シックで華やかですよ〜〜〜^^

     

    DSC_0593.jpg

    サイズ84cmX200cm  <Sold Out>

    商品ページはこちらから〜

     

     

    ムガシルクより少々お手頃価格となっております^^

     

    次回はとてもエレガントなピンクのコサシルクをご紹介しますね〜〜〜

     

     

     

     

     

    お問い合わせはこちらまで^^

     


    オンラインショップオンラインショップ

    オンラインショップ viaje

    カンタ刺繍・カンタストールを中心に、インドより買い付けた素朴ながら息をのむような美しさの刺繍の布製品を取り扱っております。

    プロフィールプロフィール

    profilephoto

    Mina Kamiya
    Viaje のバイヤーを担当しています。
    好きな言葉「COTTON」「LINEN」「SILK」「KASHMIA」…
    そして「刺繍」…職人魂を感じる布に出会うことを夢見つづける布フェチ…
    今日もまだ見ぬファブリックを探してPCと格闘しています。

    カレンダーカレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    最新記事最新記事

    カテゴリーカテゴリー

    月別アーカイブ月別アーカイブ

    コメントコメント

    検索検索