アフメド・ユスフ・カトリのバグプリント

2017.03.27 Monday | category:ブロックプリント・ショール&ストール

0

     

    ようやく手に入れることが出来たんです!

     

    アフメド・ユスフ・カトリのバグプリントストールです。

     

    バグプリントはマディヤプラデーシュ州ダハールのナチュラルダイ木版プリントです。

     

    グジャラート州ブジのアジュラックプリントと並び・・・いやインドではそれ以上に有名な木版だと思います。

     

    ナショナルアワードやユネスコアワードの受賞者はアジュラックプリントの職人さんよりも多く品質も高い。

     

    アジュラックは大きなNGOが入り海外向けにたくさん輸出され人気もあります。まさにわが世の春ですね^^

     

    しかしアジュラックはもともと男性用のコットンの巻物やインテリア布の生産が主でした。

     

    シルクやシルクコットンのサリーやドゥパタなど女性用の布は作っていなかった。

     

    その為シルクにナチュラルダイの技術が確立されていませんでした。

     

    本当にここ数年の間に女性用のシルク製品がやっと制作されるようになったんです。

     

    でもバグは違います。大昔から女性の布を作っていました。シルク&ナチュラルダイも大の得意です。

     

    デザインも女性好みのお花の小紋柄です。

     

    インドの街を歩いていてもアジュラックのサリーを纏っている方は今までお一人しか見たことがない(同業者(笑))

     

    ですがバグはたまに見かけます。インド映画などでもバグ採用率は高いように感じます。

     

    インドでの認知度&人気度はバグだと胸をはって言いたいです。

     

    このようなバグプリントですのでNGOなどの力を借りなくても、海外に出さなくてもバグは充分にやっていける

     

    地位にあるクラフトなんです。


    Viajeはアジュラックをすごく愛しています。しかしアジュラックをご紹介してバグをご紹介しないのはおかしい!!

     

    アジュラックと双璧をなすバグを扱わずして西インドの木版をコンプリートすることはできないです。

     

    これは常々感じていたことでした。

     

    そこで今日はダハールはバグプリント界を牽引している、アフメド・ユスフ・カトリさんの作品をご紹介します。

     

    この方!!

    Shilp_Guru_Ismail_Sulemanji_Khatri_1.jpg

     

    車いすの方はユスフさんのお父さまです。(ユスフさんはお父さまの介助をされている髭の方です。)

     

    2014年にお亡くなりになったイスマイル・スレイマン・カトリさん。

     

    スレイマンさんが獲ったアワードはいったいいくつあるのか・・・めっちゃスゴ腕なんですっ!!

     

    しかしスレイマンさんはお亡くなりになり、現在は彼が制作した布は手に入らないです。(持っていらっしゃる方

     

    おめでとうございます。&うらやましいです。)

     

    そして今はスレイマンさんの息子さんであるユスフさんが頑張っていらっしゃる。

     

    ユスフさんも2003年のナショナルアワード、2014年のユネスコアワードの受賞者でもあります。

     

    ご兄弟はまだまだいて、それぞれが輝かしいアワードを受賞されています。

     

    木版エリート家族ですね^^

     

    そんなエリートユスフさんの作品を見ていきましょう!!

    008.jpg

     

    この子はバンガロールシルクです。

     

    いわゆるピュアシルク^^

     

    バグのメインカラーである黒が冴えわたっていますね。

     

    通常草木染めで黒を出す時は鉄媒染めが主ですが、バグは鉄にハラダと呼ばれる、マディヤプラデーシュ州固有の植物から

     

    とった染料をミックスしています。これがバグブラックという漆黒を作るんです。

     

    またデザインは最近のアジュラックにもよく見られるデザインですがバグでは伝統柄です。

     

    アジュラックが女性向のデザインの布を作る時にかなりバグを参考にしているようです。

     

    ボーダー・・・

    115502110_02.jpg

     

    惚れ惚れと見入ってしまうぐらいの精緻な木版です。初めて手にした時感動しましたよ^^

     

    シルクにナチュラルダイで滲まずここまでやるとは・・・

     

    ムンバイのアフメドさんも素晴らしいのですが、ユスフさんもスゴイ!!

     

    透け感・・・

    115502110_04.jpg

     

    バンガロールシルクはこれからご紹介するガジシルクよりマットで艶が抑えられたようなシルクです。

     

    裏・・・

    115502110_03.jpg

     

    バンガロールシルクの裏はこのように裏表なしで染めることが出来るようです。

     

    巻くと・・・

    022 (2).jpg

     

    素敵でしょ〜〜〜

     

    サイズはストールサイズです。これのドゥパタやサリーは現地でアッと言う間になくなっちゃいます(涙)

     

    025.jpg

    サイズ56cmx194cm  <Sold Out>

    商品ページはこちらから〜

     

     

    お次はガジシルク・・・

    070.jpg

     

    この子はカッコいいよ〜〜〜

     

    イスラミックファダッドのシックな子^^

     

    ガジシルクはViajeでお馴染みのシルクですね。

     

    繊細で柔らかく素晴らしい艶感があります。グジャラートで多く生産されていてアジュラックでもバグでも

     

    好んで使われる素材です。

     

    ボーダー・・・

    115502059_02.jpg

     

    美しい・・・

     

    今日は黒をご紹介していますが、バグのもう一つのメインカラーである赤もいつかご紹介したいです。

     

    バグレッドもマディヤプラデーシュ州固有種のダブダフラワーという植物とアルムからとる染料が採用されていて

     

    アリザリンの赤とはまた違う独特の赤なんです。キレイですよ〜〜〜^^

     

    裏・・・

    115502059_03.jpg

     

    ガジは裏表が出ちゃいますよ。

     

    透け感・・・

    115502059_04.jpg

     

    薄くて柔らかいですが、透け感はそれほどなく通年お使いいただけるシルクです。

     

    巻くと・・・

    041.jpg

     

    バグプリントを手にすると、インドの女性達がこの布を支持する訳が分かるような気がします。

     

    081.jpg

    サイズ58cmX202cm  <Sold Out>

    商品ページはこちらから〜

     

     

    お次も素敵!!

    036.jpg

     

    細かいっ!! バグの神髄を見るようです!!

     

    ボーダー・・・

    115502081_02.jpg

     

    ユスフさんの布はなかなか手に入らなくて、困っていたのですが

     

    チェンナイの友人が尽力してくれました^^

     

    ありがとうございます!!

     

    裏・・・

    115502081_03.jpg

     

    アジュラックもそうですが、バグも裾の処理などの針仕事は職人の女性のご家族たち(奥さんやお母さんやお姉さんや妹さんなど)

     

    が内職感覚でやるんですが、少し縫製が甘い部分があったりします。

     

    ここはご容赦いただきたいです。

     

    巻くと・・・

    035 (2).jpg

     

    この子は本当に素敵です。

     

    お嫁に行ってしまいましたが、ずっと忘れないと思います!!

     

    046.jpg

    サイズ58cmX200cm  <Sold Out>

    商品ページはこちらから〜

     

     

     

    ナチュラルダイは染料と水の相性がとても大切なんです。

     

    ダハールにはバグプリントだけに使われる植物があり、その植物と最も相性のいい水を有するバギーギ川が

     

    流れています。

     

    バグを支える染料と水が揃った場所が、地図にも載ってないような小さな村?町?のダハールです。

     

    いつか皆さまとご一緒にダハールを訪ねてみたいと思いながら今日は終わりで〜す^^

     

     

     

     

    お問い合わせはこちらまで^^

     


    オンラインショップオンラインショップ

    オンラインショップ viaje

    カンタ刺繍・カンタストールを中心に、インドより買い付けた素朴ながら息をのむような美しさの刺繍の布製品を取り扱っております。

    プロフィールプロフィール

    profilephoto

    Mina Kamiya
    Viaje のバイヤーを担当しています。
    好きな言葉「COTTON」「LINEN」「SILK」「KASHMIA」…
    そして「刺繍」…職人魂を感じる布に出会うことを夢見つづける布フェチ…
    今日もまだ見ぬファブリックを探してPCと格闘しています。

    カレンダーカレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    最新記事最新記事

    カテゴリーカテゴリー

    月別アーカイブ月別アーカイブ

    検索検索