コットン・ジャムダニサリー

2014.04.14 Monday | category:アパレル&サリー

0
    さて今日は初めてのジャムダニサリーのご紹介です。

    今回の旅のブログでジャムダニサリーの写真を載せたところ、思っていた以上の

    反響にびっくり!!

    お値段にもびっくり!!!

    でも現地でもジャムダニ織りってお高なのよねぇ〜〜〜

    でもでも、カディーモスリン(極限まで細く紡いだ糸)でなければ

    結構イケますっ!!!

    そこで今日はお手頃な可愛らしいコットンのジャムダニサリーのご紹介^^


    ・・・の前に
    私たちのジャムダニ織りを織って下さる方をご紹介します。


    チンモイさんと奥様のスワーティさんです。

    ご夫婦で織りの名手!!

    チンモイさんは1975年にコルカタにこの工房を開きました。

    彼はヒンズー教徒のベンガル人です。

    今では10人の職人さんを抱える老舗工房です。

    チンモイさんの作品


    彼はヒンズーなのでこんなガネーシャモチーフの作品をお作りになります。
    (このガネーシャ、チンモイさんにそっくりの福顔です^^)


    見て下さい!!!

    これ織りですよっ!!!信じられない超絶のテクニック!!

    奥様の作品は


    これまた素敵なサリーです。パネルにしてますね^^


    小さな(12畳か13畳のお店)にはお客さんがひっきりなしです。


    この方は地元のデザイナーでこの工房のジャムダニサリーを

    使ってお洋服を作っているそうです。

    「ここのじゃなきゃダメなのよ〜〜」とシンプルなジャムダニを大量にお買い上げ!!

    コルカタの女性が「イイ!」というのならそれは本物!!!


    そして今回、連れ帰ったのは!!


    私の頭にあるジャムダニのイメージはまさにこれ!!

    可憐なボタニカル柄です。

    コルカタの雑踏の中をこんなサリーを着たベンガルのお嬢さんが

    颯爽と歩いている^^(私が男なら絶対好きになっちゃう・・・)

    そんな想像力を掻き立てる布が私のジャムダニ織りのイメージなのです^^


    透け感はこのぐらい。


    総柄というわけにはいきませんが、ボーダー以外もとても可憐です。


    夏のインテリアファブリックとしてもお洋服に仕立てても素敵^^


    サイズ120cmX 537cm <Sold Out>

    商品ページはこちらから

    がんばりました〜 このお値段


    そしてもう一枚^^

    この子はもう少し大人顔^^


    ライトなベージュベースの同じくボタニカルデザイン

    たとえコットンジャムダニでもすご腕の織り師の手にかかると

    こんなに素晴らしいのです!!


    透け感もたっぷりで、ダカイであっても織りが細かい!!


    裏もきれい〜〜


    私はこの子すきです〜〜〜!!


    サイズ120cm X 552cm <Sold Out>

    商品ページはこちらから


    今回は鼻血ブゥ〜のお値段でっ!!!

    こういったロマンチックなジャムダニ織りがViajeのレギュラーとなって

    くれることを祈って・・・





    お問い合わせはこちらまで^^

    オンラインショップオンラインショップ

    オンラインショップ viaje

    カンタ刺繍・カンタストールを中心に、インドより買い付けた素朴ながら息をのむような美しさの刺繍の布製品を取り扱っております。

    プロフィールプロフィール

    profilephoto

    Mina Kamiya
    Viaje のバイヤーを担当しています。
    好きな言葉「COTTON」「LINEN」「SILK」「KASHMIA」…
    そして「刺繍」…職人魂を感じる布に出会うことを夢見つづける布フェチ…
    今日もまだ見ぬファブリックを探してPCと格闘しています。

    カレンダーカレンダー

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    最新記事最新記事

    カテゴリーカテゴリー

    月別アーカイブ月別アーカイブ

    コメントコメント

    検索検索